« 字数制限枠への文字入力【一太郎】 | Main | Microsoft Excelの複数シート両面印刷の技 »

漢字コード問題

 一太郎2004で新しく第3、第4水準の漢字がサポートされた。といっても、すべての漢字が入力できるわけではない。今日も、ある生徒の名前が入力できなくて困った。
 そんなときに力になるのが、学術振興会と東大が開発した「GTフォント」である。これは大漢和辞典のすべての文字を含む6万9000字の漢字が搭載されたフォントである。
 これと類するものとしては「文字鏡」があるが、これは学校教員が教材を作成するときはフリー版でかまわないが、たとえば名簿を作成するときはちゃんと数万円払わなければならない。それに対して、GTフォントは非営利であれば、再配布して利用できる。つまり、教職員が使うパソコンすべてにインストールしても、お金がかからないのだ。
 ただし、「文字鏡」「GTフォント」ともに、独自の文字コードを用いているので、テキスト形式では使えない。しかし、書式をつけて保存できる一太郎、WORDなどでは全く問題なく、利用できる。乙部厳己氏の作成した「GTコード」という漢字検索ソフトからコピーして貼り付けるだけである。
 それでも、表計算などで処理するときはテキスト形式やCSVなどを使う必要がある。そのときは「GTフォント」をもとに、外字を作ればよい。なんと「GTフォント」はフォントデザインについては著作権を主張していない。その外字はどうやって共有すればいいかというと、「外字コピー屋さん」というこれまたすばらしいフリーソフトがある。
 これらを利用することで校内での〈漢字コード問題〉はすっきり解決するのではないか。

|

« 字数制限枠への文字入力【一太郎】 | Main | Microsoft Excelの複数シート両面印刷の技 »

Comments

The comments to this entry are closed.